<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

落ちモノ、回りモノ。

d0095825_1812975.jpgいただいたチケットで遊園地行ってきました!
庶民の遊園地なので並ばずにがんがん乗れます。

シンプルなジェットコースターとフライングパイレーツ。
私はこれらがホントに好き。
しかもパイレーツは大小2機のうちの「小」ファン。

なぜなら私が愛するのは「自由落下感」だから。
「大」はモモのところでぎゅーっとバーで固定されるので、あの
「あぁっっ」
という落ちる快感があんまりない。

ここのジェットコースターも小さいけれど、
あまり身体を固定されないので「落ち」られてよいです。

同行者はこれらの乗り物に全く乗れないので、
つねに保護者ベンチで見学。
他の人々が「きゃーつ」「こわいよー」と言っている中、
いわく「(私が)風になってたよ」。

いやホント、お陰さまで気持ちよかったですよ。

しかしここの遊園地は見事に家族連ればっかりだなー。
カップル率がこんなに低いとは思わなかったです。

帰りに目にした遊園地(プールもある)のポスター、
「海よりプール」。
よーく絵を見ると、プールに浸かっているのはナメクジ・ファミリー。
いいねー、かわいいじゃないか。

ついでにおもちゃやでタイミング良くDS-liteをゲット。
お金なくてソフトは買えないけれど、本体だけでも・・・。
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-30 23:55 | 徒然

やっと金曜。

日曜にライブがあると、一週間がキツイ。
体勢が整わないまましのぐ、というか。

というわけで、しのげましたー。ぱちぱち。
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-29 23:55 | 徒然

夜ピク。

恩田陸の「夜のピクニック」を読みました。

面白かったです。
登場人物の感じたいろいろな事に自分を同調させて、
同じ気持ちを味わおうとするのが楽しいです。
フツーの事実を「おう、あなたはそういう切り口で見るか」
と、いうのが恩田陸の好きなところ。

途中、主人公が18歳の誕生日を迎えるシーンがあるのですが、
「くっ」と胸が痛くなりました。
自分も昔は18歳だったんだ、と思って・・・。

ところでこの本は「初めて読むはずなんだけど・・・?」
と、どうも自信が持てなかったです。
恩田陸の場合、同じ登場人物のグループで、
主役が変わって別の小説になってたりします。
今回のメインストーリーが別の話にエピソードとして出てきたりして、
もう「スケバン刑事状態」。
それだけ人物像がしっかり、はっきりしているということでしょうが。

気づけば女性作家のものを多く読むようになってました。
多分、男性作家の書く人物像に、
いまいちリアリティを感じられないことが多いからでしょう。
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-28 23:55 | 徒然

立ち話。

ドラム教室の後、道端でクラスメートと。

お互いにちょっと気になることだけ話して帰ろうと思ってたと思います。
しかしつい話題があちこちに広がって、生い茂り・・・。
なんと1時間半も話してました。

脚、棒です。
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-27 23:55 | 徒然

勝手に休日モード。

仕事が終わってからの時間の使い方で、
人の生き方は分かれる気もする。

もちろん、
走りこむことも、
スープを作りだめすることも、
片付けをすることも、
レコーディングすることも、
PCの整理をすることも、できました。

でも私はコーヒーショップで小説を爆読しました。
(でも、洗濯もしたし、税金も払い込んだんだよぉ。)
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-26 23:55 | 徒然

新レイアウト

職場の席のレイアウトが変わりました。

コピー機とシュレッダー横の一番通路側。
通行者に机が丸見えな上、
機械類はうるさい、
人は立ち止まってしゃべる。

今まではコの字のパーティションの中で静かに仕事してたのに。
うるさい、落ち着かない。

困るのはPC画面のプライバシーがゼロになっちゃったこと。
それから今までブルーだったパーティションが、
オレンジ系(テラコッタ色)になったこと。
やだよ~、寒色系は無彩色がいいよー、この色好きじゃないよー。

帰りは家人と待ち合わせてグリーンカレーを食べて帰りました。
スッとした~。
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-25 23:55 | 徒然

ご来場ありがとうございました!

d0095825_13245923.jpgお陰さまで無事ライブを敢行できました。
ちょっとした新しい試みをしましたが、いかがでしたでしょうか。
良かった、と、どうでもいいが半々くらいのご意見でしょうか。

今回「言葉のリアリティ」というものについて考えはじめました。
結果に反映されるようにがんばりたいと思います。

7月16日にまたAPIAでライブがあります。
特に、久しぶりの方、是非お越しください!
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-24 23:55 | ライブ

トリプルヘッダー。

朝、自分の練習にスタジオ入って、
午後、バンド練習でスタジオ入って、
夜はその打上げ、
続けて友達の「頑張れパーティー」へ。

パーティーは主役の吸引力で、
チャーミングな人ばかり集まっていて素敵だったわ。
彼女は大変な時期を迎えるけれど、ココロから頑張って欲しいと思います。
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-23 23:55 | 徒然

げしげし。

あいにくの曇天ですが夏至です。

キャンドルを灯して、省エネについて考えるどころか、
スタジオ入ってアンプにギターつないで、マイクで歌ってました。
だってライブ直前な上、明日はバンド練習が・・・。
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-22 23:55 | 徒然

シュールな時間。

生涯初・英会話喫茶に潜入!
口と頭のトレーニングのつもりで思い切って門戸を叩きました。

雑居ビルの薄暗い階段室でためらっていると、
背後の階段で顔を伏せて座っていたおじさんがユラリと歩み寄り、
「はじめてですか?どうぞ!」
と明るく★案内されました。
オーナーだったのね。

内部はそう広くない空間に4~5人のグループが3つ程。
ガイジン/日本人の比率は半々くらい。
ガイジンといっても
英米オージー、カナダからインド、シンガポール、タイ、と様々です。
内装はハッキリ言おう、しょぼい。

最初はキンチョーします。
だって全然知らない人と英語でいきなり世間話するんだもの。
日本語だってヤだよ。

でも高いお金払っているんだから、
と勇気をだして白人男性に「こちら座っていいですか」。

お互いがんばった。
話の種のなんとか見つけて時々は盛り上がりを見せ、
でも焚き火は何度も消えそうに・・・。

私が下手なのもあるけれど、
相手も結構生真面目で、
多分日本語で話したとしても会話がはずまないタイプ。
非常に興味深い話ができているのだけど、
環境的には常にしゃべってなければならないというプレッシャーあるので、
なんとなく双方気まずくなってしまう。

彼=ダグラス氏が帰ったあと、
軽~いノリのオーナーと、
暗~いノリの常連日本人と三人でした会話の方が盛り上がった。
ヘンでしょ、日本人同士も英語で話すんだよ。

でも「しゃべってみたい」けど「機会がない」人にとっては、
そのシュールな状況はありだと思う。

またしばらく時間を空けて行ってみるかもしれない・・・?!
[PR]
by peep_giraffe | 2007-06-21 23:55 | 徒然